2008年01月04日

アロマテラピーの語源

★アロマテラピーの語源
アロマテラピーという言葉は、20世紀に入ってからフランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセによって作られた造語です。

1937年に「アロマセラピー」というガットフォセの著書が出版されました。その本には、研究中にやけどを負った手をラベンダーのエッセンシャルオイルに浸してなおしたことなども著されており、植物の持っている芳香成分のすばらしさを世に訴えています。

アロマは芳香、テラピーは療法を意味するフランス語。これを英語で発音するとアロマセラピーとなります。

この植物の香りやエッセンスの起源はエジプトと考えられており、今からおよそ4000年前、宗教儀式で炊く薫香、ミイラを作るときの防腐剤、病気の治療や予防、化粧などに使われていたと伝えられています。
その後もさまざまな国で様々な方法により薬草療法は行われてきました。

エバジオン芳香器&オイル (ペット赤)ユーカリ

エバジオン芳香器&オイル (ペット赤)ユーカ…

販売価格¥5,355

【商品説明文】「エバジオン芳香器&オイル(ペット赤)ユーカリ」は、アロマオイルが付いた芳香器です。バーナー部分…

商品詳細ページへカートページへ
posted by suzusuzu at 16:50| Comment(0) | TrackBack(1) | アロマテラピーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【ガットフォセ】についてのお得なブログリンク集
Excerpt: ガットフォセ に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…
Weblog: 旬なキーワードでお得なブログのリンク集
Tracked: 2008-01-18 14:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。