2008年01月07日

20世紀初頭、精油を心身の健康に応用する試み始まる

★アロマテラピーの提唱

20世紀初頭、科学的な分析・検証の上で精油を心身の健康に応用しようという試みが始まりました。1920年代初頭、南フランスのプロバンス地方において、香料の研究者であったルネ・モーリス・ガットフォセ(1881-1950)は実験中に手に火傷を負い、とっさに手近にあったラベンダー精油に手を浸したところ傷の治りが目ざましく良かったことから、精油の医療方面での利用を研究し始めました。彼は1928年に研究の成果を学会で発表し、また『芳香療法(原題Aromatherapy)』という本を出版しました。

フランスの医学博士ジャン・バルネ(1920- )は精油を使った医療を実践して功績をあげ、1964年に『ジャン・バルネ博士の植物=芳香療法』を著し(1984年改訂版発行)、アロマテラピーの認知度を上げました。他方、ガットフォセの弟子であるマルグリット・モーリー(オーストリア生まれ、?-1963)は、アロマテラピーを主に美容方面に活用できる技術として研究し、イギリスに伝えました。

このため、現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあり、フランス系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されています。一方、イギリス系のアロマセラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されています。

エバジオン専用芳香器&オイル (たまご青)ラベンダー

エバジオン専用芳香器&オイル (たまご青)ラ…

販売価格¥4,515

【商品説明文】「エバジオン専用芳香器&オイル(たまご青)ラベンダー」は、アロマオイルが付いた芳香器です。バーナ…

商品詳細ページへカートページへ
posted by suzusuzu at 16:45| Comment(0) | TrackBack(1) | アロマテラピーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77013986

この記事へのトラックバック

【ガットフォセ】についてのお得なブログリンク集
Excerpt: ガットフォセ に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…
Weblog: 旬なキーワードでお得なブログのリンク集
Tracked: 2008-01-18 14:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。