2008年01月08日

日本におけるアロマテラピーの歴史

★日本でのアロマテラピー
精油の蒸留法は江戸時代に伝わり蘭医学などで用いられていました。明治時代にはニホンハッカなどの精油を輸出していた時期もあったそうですが、合成香料や海外の廉価品におされ、廃れてしまいました。

1970年代に、小学生やその親たちの間でポプリ(Potpourri)が流行し、ドライハーブへの関心が高まりました。

アロマテラピーが紹介されたのは1980年代で、はじめジャン・バルネやロバート・ティスランドらによる英仏の専門書が高山林太郎氏により邦訳され、やがて海外で技術を学んだ者たちが国内で実践を始めました。

1990年代にエステブームなどに乗って広まったこともあり、日本に伝わったアロマテラピーの方法はイギリス系に近いものですが、近年では国内でも精油への科学的アプローチが進み、代替医療としてアロマセラピーに関心を寄せる医療関係者も増えています。

2006年頃からバラからの精油をガムやドロップで摂る製品が流行し、汗がバラの香りと言われて男女間で話題になりました。

異都華専用アロマオイル 月下美人(イランイラン)

異都華専用アロマオイル 月下美人(イランイラ…

販売価格¥2,730

【商品説明文】「異都華専用アロマオイル月下美人(イランイラン)」は、炎も電気も使わず発熱する、消臭を目的とした…

商品詳細ページへカートページへ
posted by suzusuzu at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77214082

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。