2008年01月09日

エステサロンやアロマテラピーの店での事故例

エステ店でマッサージオイルが発火 2007.11.8 産経ニュース

東京都内のエステサロンなどで、マッサージオイルをふき取って洗濯後、乾燥機にかけたまま放置したタオルや衣類から自然発火する事故が相次いでいる。衣類に残った油分が、乾燥時の熱風で「酸化反応」を起こして約400度まで発熱・発火するのが原因とみられ、経済産業省と東京消防庁は、美容ブームを背景に増加するエステ店の業界団体などに注意を呼びかけている。

東京消防庁によると、乾燥機をめぐる自然発火は、都内では平成13年1月から今年9月までに計27件発生。人的被害は報告されていないが、ガス・電気などの熱源や機種に関係なく起きており、ほとんどがマッサージオイルなどを使うエステサロンやアロマテラピーの店だった。

今年5月に新宿区内のエステ店で起きた火災でも、アロマオイルをふいて洗濯したタオルなど計28枚を乾燥機にかけたままにしたところ、自然発火したという。

東京ガスが販売した衣類乾燥機では、平成10年から19件の火災が発生。うち13件が業務用だったことから、同社はエステ店など油分を多量に使う業種への販売を自粛。

エステ店は全国に1万1000店以上あるとされ、経産省と東京消防庁は、全国のエステ店が加盟する「日本エステティック業協会」(東京都千代田区)などを通じて注意を促している。

また東京ガスは8日、過去20年間に9都県で販売した乾燥機約20万台について、利用者に注意喚起するダイレクトメールを発送した。問い合わせ先は、フリーダイヤル0120(79)6702。
--------------------------------------------
アロマテラピーにおいてはこのような危険性について認識していることが必要とあります。オイルなのですから、気をつけるべきですね。

異都華専用アロマオイル 葉隠れ(無臭)

異都華専用アロマオイル 葉隠れ(無臭)

販売価格¥2,730

【商品説明文】「異都華専用アロマオイル葉隠れ(無臭)」は、炎も電気も使わず発熱する、消臭を目的としたアロマポッ…

商品詳細ページへカートページへ
posted by suzusuzu at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー 注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77370547

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。