2008年01月12日

アロマテラピーに使われる主な精油 オススメは?

★アロマテラピーに使われる主な精油

イランイラン、ジャーマン・カモミール、ローマン・カモミール(Roman Chamomile)、クラリセージ(Salvia sclarea)、グレープフルーツ、サイプレス、サンダルウッド(ビャクダン)、ジャスミン 、ジュニパー、ビター・オレンジ、スイート・オレンジ(オレンジの果皮から)、ゼラニウム(ニオイテンジクアオイ)、タイム、ティートリー、ネロリ(Neroli)(Bitter orangeの花から)、パイン、バジル、パチュリー(Patchouli)、プチグレイン(オレンジの葉から)、
フランキンセンス、ヴェティヴァー (Vetiver)、ペパーミント、ベルガモット、マージョラム、ミルラ、ユーカリ、ラベンダー、リンデン(セイヨウボダイジュ)、レモン、レモングラス、レモンバーム(メリッサ)、レモンバーベナ、ローズ、ローズウッド(Rosewood (timber))、ローズマリー

使いやすい精油というと、アロマ検定を勉強する際にテキストで出てくる一般的なものが使いやすいでしょう。
 
やはり安全性が重視されている精油が紹介されていると思われます。
その中でも、オススメな精油を3つあげるとすると、
   【ラベンダー、ティートリー、ジュニパー】

どれも低刺激ですし、ジュニパー以外はお求め安い金額で手に入れることが出来ます。低刺激と言っても精油の効能はどっしりとした内容です。

例えば、ラベンダーは精神的なリラックス効果で眠れない夜に用いる事が出来ますし、身体面では皮膚の炎症やかゆみの緩和にもよく用いられます。さらに鎮痛効果、炎症を鎮める効果、消毒殺菌効果などスキンケア、ヘアケアにも利用されています。

エアアロマ 100%ピュアエッセンシャルオイル ゴールデンガーデン(100ml)

エアアロマ 100%ピュアエッセンシャルオイ…

販売価格¥10,290

・ゴールデンガーデン[原料:Chamomile, Lavender, Bergamot,Orange,Ceda…

商品詳細ページへカートページへ
posted by suzusuzu at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。