2008年01月14日

アロマテラピーの方法 オススメはアロマバス

★アロマテラピーの方法 (2)

4.入浴 - 皮膚異常時、医師や薬剤師に要相談
湯船にぬるめの湯を張り、エッセンシャルオイルを5〜6滴落とす方法。精油は湯に溶けないため皮膜となって湯面に浮きます。芳香浴と有効成分の皮膚からの吸収を同時に行えます。

5.湿布 - 皮膚異常時、医師や薬剤師に要相談
※皮膚などに原液を塗ることはしないこと。薄めた場合でも粘膜には付けないこと。
洗面器に入れた、精油を入れたお湯(または水)にタオルを浸し、軽く絞ったタオルを皮膚に当て、直接有効成分を皮膚から吸収させる方法。マッサージが出来ない時などに有効。

6.基礎化粧品 (皮膚異常時、医師や薬剤師に要相談)
------------------------------------------------
エッセンシャルオイルをお風呂に入れる活用法を、アロマバスとか、アロマ風呂などと呼びますが、これはアロマテラピー実践法の中でも、非常にポピュラーでオススメの方法です♪

エアアロマ 100%ピュアエッセンシャルオイル ドリームタイム(100ml)

エアアロマ 100%ピュアエッセンシャルオイ…

販売価格¥19,110

・ドリームタイム[原料:Cedarwood,Sandalwood,Juniper berry]重厚感のある木質…

商品詳細ページへカートページへ

posted by suzusuzu at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピーの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78408409

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。